お山でまったり

山の趣味とスキー 子供の成長記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

想定内?の干支山


 金曜の午前中心に県西部にもたらした豪雪パウダーを戴きに利賀・猿ヶ山・猿ヶ馬場山の3箇所から、チョイスしたのは、県内は今日の天候が午前中までと崩れそうなので、一番近い猿ヶ山をチョイス。ラッセル覚悟して、一番ファットなセンター130越えで挑む❗重いけどのんびりEL1200m迄の偵察がてらのはずが、また曇り予想のつもりなのに、雨降り前に湿パウダーをAM8:00スタートの予定で自宅をでる。


 先行者は1名、激坂にトレースがある。
 林道ラッセルも考えたが折角の先行ルートなのでトレースさせて戴く。何時もの軟弱ルートよりキツい❗これはもっと短い軽い板が要りますよ。
 なんとか林道まで上がり、しかしながらこのおも雪林道をラッセルする気にならず再びトレースに戻る。
 最短ルートを進んでいるので、お礼も言いたいので1200ピークを過ぎたが会えるまで登ることにする。お先に戴いてはマナー違反ですので。
 今日は8時過ぎには曇るはずなのに、ずっとお日さまが見えてるがな。
 これではパウダーが重雪除ケになってしまうがな。南東斜面なのでナイスパウダーはあきらめて行けるとこまで行こうか。
 ラッセルなしでもあんまりスピードは上がらない。どの板を選んでも変わんなかったなあと嘆いても仕方がない。



 此処まで来たので予定越えの山頂を踏んで、そんでもって予備ライターなしでしたが、ジェットボイルの圧電点火装置が動作したので、カップラーメンも食べてもうたがな。寒くて固かったが温かで結構自己満足。
 




 先行者の滑走ルートもなかなか強者ルート。後で解ったのはJちゃんの知り合い。カリー師匠とも面識がある見たいだった。
Jちゃんの反応でblog確認できたが、自分も😹で出会ったことがあったみたいです。
 道理で強者のルート、技術ある滑走でした。その時解ればついてトレースを避けたかもしれません。ただ最後のショートカットコースの2時間違いは雨含重雪のため、難度が上がったように感じ、おお寒さむなのに冷や大汗でした。
 このエリアはトレース後、トラップの枝に阻まれ同スペースでこの条件でのターンはあり得ません。躊躇なくキックターンを選択します。林道ラッセルの汗の方が心地よ良かったかもです。⁉
 何はともあれラッセルありがとうございました。今度はチョコットはガンヴァルつもりです。またよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/27(土) 23:02:06|
  2. 山 テレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

○○長の夢GS雑感 

 
 過去に経験のない最悪の条件!
なんとか無事乗りきれ終了することができた40回目の夢の平GS大会。
 前日までの積雪が南風のため、薄皮饅頭に変わり、強い降風雨のなかでの開催挙行のためのジュリー会議。中止やむを得ずの意見もあったが、今年の降雪状況では後いくつ出来るかも全く検討もつかない県連公認大会の動向も見据えて、また本日お集まり頂いた参加者の熱意に歩出されて、当日の計測器入りのゴールテントの移動に時間を要するため1時間のスタートを遅らせての挙行の決定となりました。
 前日ミーティングで過去の市体での春一番の経験によりゴールテント移動できる準備を提案したのですが、敢えなく脚下され、それも私の人徳、役員あるいは今時の選手はそこでまで求めない風潮なのかと感じたのも事実でした。
 前日から手を掛けたバーンは春風と雨に耐えてくれ、硫安を大量撒いたカチカチバーンは低学年には怖く感じたかも知れませんが、最後までしっかり持ってくれて完璧ガンガンでした。
思いの外強雨予想の中で大会出場の意志をもった選手のモチベーションはより強固なものと感じられ、役員はと言えば、当日ミーティング中のキツい雨中でも、春風ゴール移動経験がないなかを全員の叡智を結集して、理事長~のろくな指示もないなかでしたが最高の働きをして頂き、連盟役員との最高の時を過ごせ、フィナーレの瞬間を迎えることができました。つらい準備を共に乗り越えた砺波連盟の仲間として喜びの終了を分かち合えた瞬間でした。選手保護者からの感謝の言葉と経験は連盟の明日のエネルギー源となります。記憶に残った素晴らしかった大会と自負しております。来年もまたがんばります
 反省会のビールがより何時もの数倍の旨さであったことは言うまでもありません♪。
 声高らかに牛岳おろしをかみしめシーハイルが響き渡りました♪。本日もどうもありがとうございました。
  1. 2016/02/14(日) 18:13:10|
  2. スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天国と地獄


 ミーティングの結果、行先を上高地耐寒キャンプから高谷ヒュッテ山スキーツアーに変更に。上高地の最新レコを調べるうちに、今の積雪と工事の情報ではスキーが只お荷物になりそう。いろいろ検討したが高谷冬季避難小屋を目指すことになる。


 リフト利用のため、集合時間は余裕の6時。それでもロープ―ウェイには余裕で間に合う。第3高速クワッドの運転が9:30からのため、リフト乗り場で30分ほどやり過ごす。今日は晴れてて余裕ですが、風雪の日はご注意ください。滑りながら待つこともできたのですが、1回券の人には通用しません。





 山頂を目指す中には外人さんもいっぱい。そんなんか異様にデカい、ほとんどテンパク並のザックを担いだ3人衆は結構目立っていました。ぎっしりと重い中にはなぜか不思議なものをいっぱい詰めて帰りはすっかり軽くなりましたが、重量物を担いでのスキー滑走は困難を極めました。



外輪山からの妙高山頂


茶臼山を目指して、黒沢池を横断 


夕暮れの高谷池 火打山 影火打 焼山


しかし快晴とパウダーに助けられことのほかスムーズに小屋までたどり着けました。




小屋に着くなりすべては明日の軽量化のために頑張りました。雪の黒沢池もパウダーがステキな風情❗夕暮れの頸城山塊も感動的❗





翌日は、ガスガスにスリッピーな雪にも手伝って、下るにしたがい湿雪で前方不注意状態での滑走を余儀なくされて反殺し状態でありました。






 それでも三田原山からのドロップポイントをGPSで何とか探りあててカリカリの上に10cm余りの降雪が乗った地表面の凸凹がダイレクトに伝わるトリッキーコースを何とか下部林道にたどり着きました。

いろいろありましたが、本日も楽しくおつきあいさせて頂きありがとうございました。また遊びに行きましょう🎵

此方も

  1. 2016/02/09(火) 22:11:32|
  2. 山 テレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mochi0808

Author:mochi0808
山・渓・スキーを中心にアウトドアを楽しんでいます。安全に無理せず愉快な仲間と自然の中に入って行きます。子どもの記録も忘れないように記録しています。お酒の銘柄も忘れないよう残しています。勝手な感想を思うままに書いておりますので気楽に読み流してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

山スキー (39)
子供のスポーツ (22)
登山 (25)
野球 (7)
日常 (48)
未分類 (12)
宴会 (12)
懇親会 (11)
ハイキング (19)
昭和の時代 (1)
旅行 (5)
スキー (35)
PTA (12)
ランチ (15)
ラグビー (42)
趣味 (11)
釣 渓流 (42)
お酒 あて (11)
テレマークスキー (8)
仕事 (4)
山 テレ (31)
講演会 (1)
原付 (7)
ショッピング (1)
お家 (7)
山 ギア (2)
車 (4)
家庭菜園 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。