お山でまったり

山の趣味とスキー 子供の成長記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

絶景ツアー 金剛堂山周回

今日は久々帰郷の娘と朝食後の遅めの出発でお手軽に裏山へ。片折まででもいければいい汗がかけるかなと思いつつ、駐車場へ到着。除雪中で先行者が3名。10名ほどはスキー場へ登っている。除雪の邪魔にならないところに駐車していざ出発。片折までトレースを追いかける。ラッセルもなくいいペースで2時間で到着。休憩中の先行者にラッセルのお礼を言って先にすべるのもなんなのでラーメンタイムで待とうかとも考えたが、今回はちょっと足を延ばして金剛堂山までマゾ喰いに行くことにする。最初の30分で辞めようかと思ったが、もう少し後30分と2時間予定でしたがチョイオーバーで到着。祠の棟を偶然発見して少し掘ってみる。天気がだんだん良くなってきて視界も利き、ルートも明瞭であった。



もう一汗掻くことにして、周回ルートを取る。最初は多少氷も出ていたが、特に問題なく最初のピークをトラバスすること。これが大汗となることに。右回りの方が近いと考えたが、右に雪庇がでており雪が深い。汗だくになり、雪庇をまくのに時間がかかった。シール登行に切り替え何とか乗り越えた。後続が最後登りで追いついてきたので、ラッセルを譲り漸くのんびり登る。大体予定通りスキー場トップに到着して、最後の滑走を楽しむ。重雪の湿雪だがまだ腐っていない。ただしヤコテレ靴には負担が大きい。最後は、圧雪のミルが往復分かかっていたので太ももに優しくのんびりテレで落下してきた。本日も絶景堪能できました。ありがとうございました。








スポンサーサイト
  1. 2014/03/22(土) 12:57:23|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

答辞

我子3人目で初めて中学の卒業式に参加しました。会長としての行事も入学式と総会を残すのみとなりました。式では自分のスピーチは無いものの息子の答辞に妙に緊張してました。意外にソフトな声でちょと大人びて素敵に聞こえました。先生方にもお誉めのお言葉を頂きました。ご苦労様でした。
  1. 2014/03/17(月) 10:16:21|
  2. PTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の俣岳マゾファイナルツアー 避難小屋体験



今回は魔(まぞ)族カエル団冬の陣ファイナルツアーで避難小屋を体験してきました。単純標高差1050m、距離片道13㎞を1泊ビバーク装備でまさにマゾチックにエキサイトしながら楽しんできました。


冬の有峰湖はいつも素敵です。



真っ青!! 笠はこちらで開いてます。



  1. 2014/03/16(日) 19:47:57|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高落場山 シールと鱗テスト

 今日は新たに仕入れたウロコスキーのシールテストと鱗のテストのため、近場の山を目指す。ウロコスキーにはクライミングエイドがないため、02のバックのクライミングエイドを移植しようと試みたが7tmには相性が悪く断念することになる。新たな降雪もあり本来ならミッドファットで出撃すべきなのだが致し方ない。ウロコに付けたシール(CT40)はウロコソールでも問題なくくっ付いてくれた。一方ウロコは軽雪には全く歯が立たない。やはり湿雪またはザラメにしか効かない。


スキークトーもはからずもテストすることなった。これも問題がなかった。テストにきてよかった。テストとはいえ細めの板にクライミングエイドがない状態の単独すねラッセルは大汗でした。あんまり寒くなくまた雪が降っていたのでアウターを着込んでいたので余計そう感じたのかもしれません。

 出足が遅かったのでピストンに計画変更しようとしたが、昨日読んだレポに林道経由の谷が楽しいらしい。とりあえず緩やかな尾根に照準を合わせて周回することにした。完全に失敗。雪が少なすぎた。尾根迂回を試みたがところどころ水が出ておりブリッジの状況も怪しいので安全な個所にゆっくり逃げながら滑り落ちた。最後に滝壺上にブリッジがあったが迂回に往生した。


久々のアドベンチャーツアーになった。今年初の単独のため、ルートファィンディング等勉強になったこともあったが、反省点の方が多かった。今後の教訓です。

 そういえばここは夏に来た時も唐木峠から通行止めの遊歩道に迷い込み工事中の人食い谷に降りたこともあった。いつも誰かに呼ばれるのか、よく迷う山です。今回も人喰谷へつながる尾根に迷いこみました。オーイの声に答えなかったので無事戻れましたが。(爆)唐木峠までくればあとは尾根を登っていけば迷うことはないのかな。やっぱりグループで来た方が楽しいな。グループとリーダーのありがたみよくわかりました。そうとは言えたまには、単独で実力テストもまた楽しですが、ひとりだといつも適当なのでよくアドベンチャーツアーになることが多いので大いに反省が必要ですね。

  1. 2014/03/08(土) 09:54:59|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレスクワットで悲鳴

本日は連盟事業の最終となるスキーバスツアー!マイクロバスも乗車定員にせまる盛況のためスキー搬送のための別便を急遽仕立てることになりました。今回はデモンストレーターのお宿の金甚♪温泉かけ流し(^o^)v。車中は運転手のため、ノンアルコールでスキーに専念出来ました。帰りの車の中に敷く防水シートを手に入れて一人遅れて漸く出撃。最初に出会ったI氏は何に酔いしれたか不明ながら休憩室へ。

次なる出会いは滑り本望チーム。ガンガンいくのでヘトヘトになりました。テレは登り降りが得意でゲレンデスクワットはあっという間に大腿部が悲鳴をあげました。終了間際には、ついに体力アウトとともにホワイトアウトでゲレンデ内で遭難です。!六角堂のランドマークを発見し、何とかお宿までたどり着けました。

翌日には、デモンストレーター自らがご指導下さりありがとうございました。

自分は、テレ板のため、大回りは騙し騙し滑りましたが、さすがに小回りはテレターンになりましたが、笑って見逃して頂きありがとうございました。プルプル大腿には早めの温泉が一番です。温泉サイコー!!
今回の新酒はこれじゃ♪(^o^)v
成政 シュワー 乾杯ごちそうさまでした。
  1. 2014/03/02(日) 20:01:25|
  2. スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mochi0808

Author:mochi0808
山・渓・スキーを中心にアウトドアを楽しんでいます。安全に無理せず愉快な仲間と自然の中に入って行きます。子どもの記録も忘れないように記録しています。お酒の銘柄も忘れないよう残しています。勝手な感想を思うままに書いておりますので気楽に読み流してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

山スキー (39)
子供のスポーツ (22)
登山 (25)
野球 (7)
日常 (48)
未分類 (12)
宴会 (12)
懇親会 (11)
ハイキング (19)
昭和の時代 (1)
旅行 (5)
スキー (35)
PTA (12)
ランチ (15)
ラグビー (46)
趣味 (11)
釣 渓流 (42)
お酒 あて (11)
テレマークスキー (8)
仕事 (4)
山 テレ (31)
講演会 (1)
原付 (7)
ショッピング (1)
お家 (7)
山 ギア (2)
車 (4)
家庭菜園 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。