お山でまったり

山の趣味とスキー 子供の成長記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ステップ立山初挑戦


 連日の送別会の最中、ステップのお誘いの誘惑に惑わされて、作戦会議に出かけた。ビーンカレーとキーマをチョイス。辛さはの問いに、涸沢と答える山バカ?一瞬何時と思うがテレ笑いで爆笑。朝一時間を確認して本日のお宿へ。三楽園?なぜここから?いろいろあるがそこに山があるからとでも答えましょうか。

しかし、次ぎからから次へと障害物が現れる。これは自己陶酔の薬と正直者の薬に他ならない。飲まずにいられようか。千代鶴と冴のダブル攻撃。がまんならぬ。頂きマース。明日は明日の風が吹くはずであるが、2次会場からは早々に離れ、おやすみなさい。
 何とか予定時刻に出発でき、ゆっくり車を走らす。ウロコはしっかり噛んでくれるだろうか、また滑ってくれるだろうか。まあ、最悪ツボで、銀paraでだますことにする。
058_convert_20130527232500.jpg

Oさんとは立山駅で、Mさんとは、室堂ターミナルで落合って、ステップな1日の始まりだ。登山道は、ウロコとの相性が悪く、みんな我が道をいく。Mさんのウロコも時折、滑っている。自作のものはというとなかなか悪くない。これで帰りが滑ってくれればいうことなしだが。意匠は悪くても、元来気にしないタイプなので、快適で楽しい。途中まったりの適度なupdownがあればこれはまた楽しいぞ。シール外す手間もなく、どんどんイケる。登って降りるのも自在。ただ、やっぱり登りはシンドイので、一の越からの降りはまったりコースへ意見が一致した。途中上部から雪の大谷を覗く。まだ10m以上壁は健在であるぞ。
092_convert_20130527233423.jpg

 天狗の急斜面では若い歓声がこだましている。クロカンはの字で急とを駆け上がり、ボーゲンで降りている。恐るべし体力と技術。
099_convert_20130528000147.jpg
 美松の弥陀ヶ原ホテルの上部で、まったりラーメンタイム。北の俣よりは調子がよかったので、賞味期限切れの棒ラーメンを食べた。なんかよくわからないが『THE DAY』としておこう。楽しかった。よかったよかった。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日) 15:57:34|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中学野球見参

 中学生の息子の野球の応援にやってきた。3年生になり、チームもそこそこまとまってきたみたいだ。自分たちでやるべきをちゃんちゃんと出来れば結果もついてこようというもの。後1ヵ月余り、最後の悪あがきに期待しています。今日は春の県チャンピオンの奥田中でした。接戦で粘り抜きがまんくらべを制しました。この積み重ねで県選手権に望んでもらいたいものです。
  1. 2013/05/18(土) 06:12:02|
  2. 子供のスポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不発と空振

高岡大仏 だまって合掌
続きを読む
  1. 2013/05/15(水) 23:57:53|
  2. スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗濯日和

野球部総会の終了と共にデカい虹がでて夕焼け空が綺麗に輝いていた。
fc2_2013-05-13_23-40-09-097.jpg
fc2_2013-05-13_23-41-25-522.jpg
 天気はピーカンなのに、前日の野球部懇親会の付けは重かった。反省したあとの足どり軽かったが、翌日の頭は凄く重かった。
fc2_2013-05-13_23-42-27-186.jpg
 冬もののスキーウェアの洗いと補修をする事にした。打保ゼッコのやまでのトゲトゲの襲撃の跡が悲惨で何ヶ所か、アイロンでのリペアが必要でした。
fc2_2013-05-13_23-44-10-355.jpg
 常日頃からアイロンとは無縁なのでTFアイロンの取説ダウンロードからでしたので思いのほか、時間がかかりましたが、洗濯乾燥しても外れなかったので合格にしておきましょう。
fc2_2013-05-13_23-45-09-199.jpg
 これで防水は万全のはずなのですが、一度テストしてみるか。!
  1. 2013/05/13(月) 23:45:29|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついにトドイタ北ノ俣岳

DSCF6959_convert_20130509184209.jpg
 昨年から幾度となく訪れていた山ノ村からの山スキー。飛越トンネルから飛越新道経由の寺地山さえもイケてなかったのであるが、今回ようやく寺地山はエスケープしたものの、何とか避難小屋のそばを経由して北の俣岳の頂に到達することができた。北の俣は前回、赤木沢を詰めての赤木岳の亀の事件以来の2度目。春とはいえ様相はまだ冬でしたが、この標柱には面影があり妙に懐かしかった。
 道中は、前泊のアルコールの激励会の影響をもろに被り悲惨な所でありましたが、遅ればせながらゆっくりゆっくりと足を進めていきました。途中、流れ止めの連結外すのに手間取り全ての人に置いてけぼりにされました。 DSCF6915_convert_20130509185358.jpg
 
 ようやく普通に見放して頂けるようになったと妙に自信をもってしまいましたが、体調不良の中マイペースで進めてある意味良かったのかもしれない。
DSCF6910_convert_20130509190655.jpg
 おーい、おーい右の谷すじから聞き慣れたダミ声。最初はクマさんかよと思ってたが、Tマン。平からの下りで迷ったらしい。ホットした安堵からから、鼻歌が出だした。なんか聞き覚えのある歌。ラジオ体操の歌だ。誰にも、会わんし喋られても、答える元気もないのでチョッピリ離れ歩いています。何かぼやいておられますが、お相手できなくてゴメンナサイ。もう少し元気がでればおしゃべりします。(w)
 ともあれ、上りは坪足とラッセルを辿れば案外道迷いはしないが、下りは注意が必要です。自分もついノントレースを滑ると迷うので、慎重にキョロキョロする事にしてしまいます。こんな所でうしなけたくありませんので。 
DSCF6929_convert_20130509185156.jpg
 そうしながら、何度も過ぎたはずの寺地山をトラバースして、暫し親父さんとお別れしました。先を行く幹事長を寺地の細尾根で確認して、ホット一息です。後で聞いたら、寺地山で待って頂いていたらしい。失礼しました。避難小屋近くでコーラタイム中、師匠が滑り降りこられた。
 お忙しいなかとう素のために此処まで道案内していただきありがとうございました。今度はゆっくりご一緒したいものです。雪は表面的にはクラストしていましたがシールもよくきいて問題なく登行できました。
DSCF6943_convert_20130509184934.jpg

 只、赤旗ルートはスキーには、難しくもう少し左手の斜面が正解でした。
DSCF6967_convert_20130509184600.jpg
 親父さんから遅れること10分、お寒いなかお待ち頂きありがとうございました。頂きには、沢山の人が春山を楽しんでおられ、眺望もそこそこあり満足いく山スキーになりました。
920883_387536008032911_1453710125_o_convert_20130509192142.jpg
479263_387535954699583_29340771_o_convert_20130509192107.jpg
メクルめく大斜面を堪能できました。スキーのポテンシャル以上を求めたため、ぶっ飛んでいましたが、怪我もなく帰還できました。お付き合い頂きました方々のヤマオ君に幹事長、親父さん、瀧さんありがとうございました。またお誘いください。楽しかったです。
473420_387536334699545_1113362535_o_convert_20130509192032.jpg
  1. 2013/05/04(土) 18:20:02|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:mochi0808
山・渓・スキーを中心にアウトドアを楽しんでいます。安全に無理せず愉快な仲間と自然の中に入って行きます。子どもの記録も忘れないように記録しています。お酒の銘柄も忘れないよう残しています。勝手な感想を思うままに書いておりますので気楽に読み流してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

山スキー (39)
子供のスポーツ (22)
登山 (25)
野球 (6)
日常 (47)
未分類 (12)
宴会 (12)
懇親会 (11)
ハイキング (19)
昭和の時代 (1)
旅行 (5)
スキー (35)
PTA (12)
ランチ (15)
ラグビー (34)
趣味 (11)
釣 渓流 (41)
お酒 あて (11)
テレマークスキー (8)
仕事 (4)
山 テレ (31)
講演会 (1)
原付 (7)
ショッピング (1)
お家 (7)
山 ギア (2)
車 (4)
家庭菜園 (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。