お山でまったり

山の趣味とスキー 子供の成長記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢スカ川内P800

寒波の合間に、地元の里山にトライ。今回2回目のいつものM氏をお誘いして重役出勤、息子の送迎時間にあわせての集合。まだ雪は十分ではないものの、何とかつながっていることを期待して作業道をかき分けていく。
 鉄塔下の急登も何とか雪がつながっており、後は藪が期待通り埋まっていないのがチョイと残念❗。
 予想とおりとはいえ、今年は降雪も少なく風も弱いし、風雨も最近になく穏やかな日が続いていたせいなのかなあ。
 今週末は結構いい風があったので次回が楽しみです。







スポンサーサイト
  1. 2016/01/23(土) 18:16:59|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秘密基地

マッサンの大将の秘密基地への憧れは創造的です。自分の場合のスキー工房にもシーズン前にはよく缶詰め状態になります。ガキの頃からロマンですね。今は雪恋状態ですね♪





ガキの頃は使い古しの乾電池と拾って来た賞味期限切れの正露丸のボトルを武器に何人か集まっては何かやっていたような気がするなあ 。めっちゃ楽しかったのだけは覚えているのだがどうやったんやろ…。勿論基地は裏藪の杉木立のお外にあったようですが。
  1. 2014/11/28(金) 18:24:44|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RMUラム変?

注文したRMUノースショアのWebカタログは4ー6でonピステと逆に表示されていた。カタログ重量も思ったより重い。一方最後迄チョイスに残っていたapostleはhalf-halfでテレお勧めらしい。ウエストサイズで最終決定したが、よくよく考えて見るとこのウエストが残雪のベストシーズンには邪魔になりそうなので、真冬のラッセルを友人に多少譲ることにしてくびれのapostleに変更して頂いた。

閉店セールの13%ポイント還元は嬉しい誤算だ。ポイントでクランポンも追加発注して今冬のツアーにも楽しみが増えそうです。
  1. 2014/11/15(土) 16:03:31|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北ノ俣ラストオーダー


いよいよ山スキーも最終盤を迎えて心残りにならぬように昨年感動した北ノの俣大斜面に出掛けました。1泊黒部五郎も検討したが天気予報がさえないので日帰りで挙行!!
自宅を3時40分発。途中休憩を挟み2時間で登山口の飛越トンネル到着。先行者1名だった。

登山口にはもはや雪はなく約1時間のアルバイト1700m付近からのシール登行になる。

神岡新道との合流点はスプーンカットと縦溝が入り組みとても滑り難そう…(^_^;)帰りのルーファイに難儀予想です。


寺地山迄は夏時間コースタイム通り順調に行けてます。天気も暑いくらい陽気で雪融けも一気に進んでいます。これだけ雪が融けると寺地山から見た北ノ俣も相当黒ずんできました。




ルートは避難小屋脇を通り、木道を境に南側を通過してトラバース気味に北東へ斜度をゆっくり上げて行きます。ここは大きな斜面なので斜度が見た目以上にきついの毎回錯覚に陥ります。幸いにも雪はまだ続いています。

稜線までは北側をまいて、稜線からは東側を歩きます。


なんとか夏時間コースタイム通り6時間余りで到着。最後は靴擦れをなんとか我慢しながら頂上からの絶景ツアーを堪能しました。
薬師岳



来シーズンはクライミングサポート絶対探すぞー!そうすりゃ、靴擦れもおさまり、靴下の消耗も減らなくて済むだろう。



いよいよグリーンシーズンの到来です。今年は此処から奥にも踏み込んで行きます…(^_^)




絶景をのんびり堪能して、お待ちかねの大斜面滑走です。相変わらず急傾斜を感じさせない大斜面。



北側にルートを引きヒャッホー!ユルリのザラメが快調でした。避難小屋までは快適♪



此処からはお楽しみのオリエンテーリング。寺地山迄はウロコの板威力発揮で順調そのもの。


寺地山からの抜け出す方向を誤り足跡を追跡してルートミス。身体が斜度を記憶していたため登り返して事なきを得ました。大きなスプーンカットを嫌って方向が転換する度にずれるので注意力を失うと幾度となく在らぬ方向へ向かっていました。尾根幅も広く、方角は絶えず注意する必要があります。何度か修正してルーファイの勉強になりました。GPSを見ていてもこのありさまですので一層の読図力要りますね!帰りは雪融けもすすみ踏み抜き注意です。疲れてボーット進むといつの間にか藪のなか!?戻らずいくと激藪が。暫く我慢して会えなく敗退の憂き目にあいます。いずれにせよ、毎回楽しんで無事帰れたことに感謝してやっぱ山スキー大スキーです。

  1. 2014/05/19(月) 06:23:06|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山剣沢テレ滑走


約30年振りに剣沢雷鳥沢滑りを計画。前回はアルペンブーツに坪足で、KDrに連れられて右も左もわからぬまま、雷鳥沢ヒュッテで非常照明スイッチに懐中電灯をぶら下げて、しこたま指導を受けたとき以来である。

剱御前へのルートは雷鳥沢の夏道より南側の尾根筋に付けられている。稜線に出るとスキー登行は難しいため、坪足アイゼンが必要となって来る。断崖絶壁のその雪屁の上に亀裂があり赤旗があったのでそろそろ注意する必要があります。

そんな真面目話しではなくて今回の最大ミッションはがっぱさんの掘り出し物を見学に行ったのだが剣沢小屋?トイレの屋根かよくわかんなかった。


途中の岩かげで雷鳥に見とれ雉跡を踏んづけた。サイテー(._.)


別山迄折角付けた簡易アイゼンのテストを兼ねてお散歩!!\(^o^)/途中ガスが流れ出してサイコーの絶景ツアーにチョーラッキーに。


別山ではスマホで写真を撮って上げたのに自分とよくにた人が写っている。自撮り設定に成ってたらしくちゃんと取り直して上げましたよ。
別山との天気の相性はバッチリですね。いつも晴れてくれます。

ヤコテレ靴にも段々慣れてテレ滑走も随分楽しくなってきました。雪質もフィルムクラストでよく滑ってくれました。剣沢も30年振り。ニポポのオリブもまだ中学生、それ以来ですから懐かしいー!剣沢快晴、雷鳥沢もガス抜けを待っているさあどうぞと、クリアになりました。テレマークでは下まで足が持ちません…(^_^;)チョー楽しい♪(^o^)v

最後のつらい登りかえしを圧雪車補給ルートから迂回してウロコで乗り切りました。テレマークウロコでサイコーですね!!\(^o^)/
  1. 2014/05/17(土) 16:33:47|
  2. 山スキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mochi0808

Author:mochi0808
山・渓・スキーを中心にアウトドアを楽しんでいます。安全に無理せず愉快な仲間と自然の中に入って行きます。子どもの記録も忘れないように記録しています。お酒の銘柄も忘れないよう残しています。勝手な感想を思うままに書いておりますので気楽に読み流してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

山スキー (39)
子供のスポーツ (22)
登山 (25)
野球 (7)
日常 (48)
未分類 (12)
宴会 (12)
懇親会 (11)
ハイキング (19)
昭和の時代 (1)
旅行 (5)
スキー (35)
PTA (12)
ランチ (15)
ラグビー (46)
趣味 (11)
釣 渓流 (42)
お酒 あて (11)
テレマークスキー (8)
仕事 (4)
山 テレ (31)
講演会 (1)
原付 (7)
ショッピング (1)
お家 (7)
山 ギア (2)
車 (4)
家庭菜園 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。